DeNAドラ4勝又 初ブルペン26球 グラブに入れた「勇気一秒 後悔一生」

[ 2019年1月19日 05:30 ]

DeNA・勝又
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト4位・勝又(日大鶴ケ丘)が三浦、木塚両投手コーチが見守るブルペンで、初めて座った捕手に26球投げた。

 青いグラブの中には「勇気一秒 後悔一生」の刺しゅうが。小、中学校時代の指導者に小6の年賀状でもらった言葉で「勇気を出すには一秒しかいらない。その勇気を出せなければ一生後悔するので、その一秒を大切にするということです」。最速152キロを誇り身体能力抜群の右腕は「プロでは160キロを投げたい」とレベルアップへ貪欲だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月19日のニュース