参加すべきか、それとも…Rソックス監督 ホワイトハウス表敬訪問に歯切れ悪く

[ 2019年1月19日 05:30 ]

 昨季ワールドシリーズを制覇したレッドソックスのアレックス・コーラ監督が、2月のトランプ大統領の表敬訪問に参加すべきか迷っていると17日(日本時間18日)、AP通信が伝えた。

 人気競技の優勝者がホワイトハウスに招かれる伝統があるが、同大統領の政治姿勢に反対する選手が相次いで参加を拒否。指揮官も「今だったら行くと言うが、明日になったら変わるかもしれない」と歯切れが悪い。NFLで昨年スーパーボウルを初制覇したイーグルスは拒否者が続出し、怒った大統領が招待を撤回。NBAのウォリアーズは訪問を取りやめている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月19日のニュース