三塁!DH!一塁!回転ずし構想 ロッテ・レアード競争に期待

[ 2019年1月19日 05:30 ]

ブランドン・レアード内野手
Photo By スポニチ

 ロッテ・井口監督が新加入のレアードを定位置争いの起爆剤に指名した。ロッテ浦和球場で新人合同自主トレを視察し「全ポジションが激戦区じゃないといけない」と明言した。

 日本ハムでは三塁が定位置。3年連続全試合出場中の鈴木に2年目の安田が挑戦する構図のポジションだが「脅かす存在」と言い切った。さらに「DHも一塁もある」と元ツインズの新外国人・バルガス、昨季チーム最多24本塁打の井上にも危機感を植え付ける。

 レアード自身は外野の守備も準備しているという。井口監督は昨季右翼で新境地を開いた平沢も「打率2割じゃ物足りない」と、総シャッフルする方針。2年連続Bクラスに低迷するチームが、レアードの加入で活性化する。(君島 圭介)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月19日のニュース