西武 全国初?海上パレード参加「漁業が盛んな町 船を使いたい」

[ 2019年1月19日 05:30 ]

 西武は18日、2月3日に春季キャンプ地の宮崎県日南市が企画した「歓迎パレード」に参加すると発表した。

 昨季の10年ぶりのパ・リーグ優勝記念を兼ねたもので、西武が合併前の南郷町時代を含めて同市でパレードをするのは初。同市の「漁業が盛んな町なので、船を使いたい」という思いから、海上パレードが開催される。同市は公式フェイスブックで「おそらく全国初」と広報している。

 日南市南郷町目井津港発で、午前9時からの10分間。辻監督や選手らが観光船のデッキに立つ。下船して地上ステージでの祝賀会に移り、最後は歩いて15分間パレードする。海上パレードは雨天や港湾内の波高が1.5メートル以上、風速10メートル以上、濃霧などで視界が500メートル以下のいずれかの場合は中止となる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月19日のニュース