日本ハム・栗山監督 ロッテ移籍のレアードに強烈な惜別エール「めんどくせーなと」

[ 2019年1月19日 19:47 ]

ニッポンハムグループ展示会に参加した(前列左から)吉田輝、栗山監督、野村、(後列左から)柿木、生田目、田宮、万波、福田、海老原 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督がロッテへの移籍が決まった前日本ハムのレアードに強烈な惜別エールを送った。千葉市内で行われた「ニッポンハムグループ展示会」に参加。同じパ・リーグのライバル球団への移籍となったが「(移籍先が)決まってよかったよね。レアードの野球人としてのことが気になっていた。どっちかというと日本に合うタイプの選手だと思っている」と4シーズンともに戦ったレアードに親心をのぞかせた。

 だが、親心を見せたのもつかの間。その後は指揮官としての顔を見せ「よかったなと思った後にめんどくせーなと。頼むよブランドン、俺のときに打つなよ、と。あいつ、いい奴だからうちの試合は絶対に打たない。それだけは信じています」と笑いを誘っていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月19日のニュース