ヤクルト ドラ清水「うりゃ!」 早くも5度目のブルペン入り 田畑投手コーチも期待

[ 2019年1月19日 13:20 ]

ヤクルト・清水
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・清水昇投手(国学院大)が、埼玉県戸田市での新人合同自主トレで早くも5度目のブルペン入り。捕手を座らせて50球を投げ込んだ。

 時折「うりゃ!」と声をあげながら、熱の入った投球。カーブやツーシーム、スライダーなども織り交ぜた。

 「まだ詰めが甘い。1球いいボールがいっても、2、3球と続けていかないと」。5度目のブルペン投球。他球団のルーキーを圧倒するスピード調整だが「正直、“少し遅いかな”ぐらいな感じです。大学の時は、新年一発目にピッチングを、と思っていたので」と話した。

 見守った田畑投手コーチは「(捕手が)座って投げたのは初めて見た。今の時点ではいいボールを投げている。漠然と、ではなく1球1球自分のペースで投げているし、賢そうだね」と期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月19日のニュース