楽天・内田“ゴリラパワーで”岡本級ブレーク 同世代から刺激

[ 2019年1月18日 05:30 ]

沖縄で楽天・銀次(左端)を中心とする自主トレに参加中の内田(右端)は、手にバナナを持って笑顔                             
Photo By スポニチ

 「将来の4番候補」と期待される楽天・内田が沖縄県内で銀次らと行っている自主トレを公開。昨季12本塁打を放った6年目の和製大砲は、FA加入する浅村を手本に自慢の長打力に磨きをかける。

 「僕は打率ではなく長打を求められている。本塁打を20本、30本と伸ばしたい」

 内田にとって浅村は、同じ右打者としてプロ入り前から憧れの存在だった。「(常総学院に在籍した)高校生の頃から動画を見ていました。チャンスでの考え方や狙い球についても聞いてみたい」。特に参考にしたいのがフルスイングだ。

 「あれだけ振られたら投手も怖い。僕もそういう打者になりたい」。沖縄キャンプは1軍スタート。お手本を間近で見て飛躍のヒントを得るつもりだ。

 1学年下の巨人・岡本は昨季大ブレーク。「僕もそうならないといけない」と同世代の活躍に刺激を受ける。「顔がゴリラに似ている」と言われることが多く、球団はバナナ型の応援メガホンの販売も検討。ゴリラ顔負けのパワーが魅力だ。 (重光 晋太郎)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月18日のニュース