西武、春季キャンプは新人5人がA班 ドラ1松本、ドラ4粟津ら

[ 2019年1月18日 05:30 ]

全体会議に出席した(左から)西武・辻監督、飯田球団本部長、渡辺GM
Photo By スポニチ

 西武・辻監督や首脳陣、スタッフによる全体会議が都内で行われ、春季キャンプのA、B班(1、2軍)の振り分けなどを話し合った。

 ドラフト1位・松本航(日体大)、この日初のブルペン投球を行った同4位・粟津(東日本国際大)ら大学・社会人出身の新人5人のA班スタートが内定。松本航は「即戦力として期待されている。しっかり打者と勝負できる状態に持っていきたい」。巨人から人的補償で加入した内海もA班となる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月18日のニュース