立大4季ぶりV奪還へ始動 エース田中誠は“故障対策”6キロ増

[ 2019年1月18日 05:30 ]

最終学年で共闘を誓った立大の捕手で主将の藤野(左)とエース田中誠
Photo By スポニチ

 東京六大学野球の立大が17日、埼玉県新座市内の同大グラウンドで始動した。

 現役最多通算10勝のエース左腕・田中誠は昨秋から体重6キロアップに成功し、66キロで合流。昨秋は左肘の故障で0勝だっただけに「元々、体重が増えにくい。でもケガしない体になればと頑張った」と自覚をにじませた。下級生からバッテリーを組むドラフト候補の藤野との連係も注目が集まる。「藤野を良い捕手に見せられる投球をして優勝したい」と4季ぶりの王座奪還を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月18日のニュース