ソフトバンク・今宮 今季目標は3割、20本塁打「ベストナインをもう一度」

[ 2019年1月18日 19:07 ]

<ソフトバンク自主トレ>打撃練習を行う今宮(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの今宮健太内野手(27)が18日、北九州市で自主トレを公開した。

 昨季は右肘痛や左太もも痛など怪我に泣かされたシーズンとなった。99試合で打率・266、45打点、11本塁打に止まり、5年連続で獲得していたゴールデングラブ賞、ベストナインを同郷の後輩・源田壮亮内野手(25)に譲る形となってしまった。「ベストナインをもう一度取りたい。ゴールデングラブ賞も負けたくない。もう一度、挑戦したい」と再奪取を誓った。

 自主トレでは一日2〜3時間、バットを振り込む。「3割、20本塁打を打ちたい。3割の目標はずっと。忘れると成長はない。必ず打ちたい」と力を込めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月18日のニュース