ロッテ・成田 輝星と1軍で“秋田対決”熱望!「2軍にいて、投げ合うのは嫌ですけど」

[ 2019年1月18日 15:55 ]

沖縄県内での自主トレで投球練習を行いうロッテ・成田
Photo By スポニチ

 ロッテ・成田翔投手が、日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(金足農)との対戦を熱望した。秋田商出身の成田にとって昨夏の甲子園準V腕は、同郷の後輩とあって「吉田くんはすごいですね。いつか1軍で対戦したいですね。お互い2軍にいて、投げ合うのは嫌ですけど」。プロの世界で「秋田対決」を実現させたいという願望を抱いている。

 昨年11月には侍ジャパンの一員として日米野球にも出場し、今季はチームの首脳陣からの期待が大きい。今年から沖縄を拠点にする前ヤクルト・大松や楽天・今江、ロッテ・中村らの自主トレグループ「チーム大松」に参加している。「初めて参加させてもらったけど、いろいろなアドバイスをもらえて本当に勉強になっている」。この日も、球場のマウンドから変化球を交えながら73球を投げ込み「順調にきています」と充実の表情を浮かべていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月18日のニュース