ヤクルト・ドラ2中山“二刀流”で開幕1軍狙う 一塁守備も練習

[ 2019年1月18日 05:30 ]

新人合同自主トレでランニングする中山(中)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト2位・中山(法大)が“二刀流”で開幕1軍を目指す。外野手登録だが新人合同自主トレのノックで一塁のポジションに入った。大学時代の本職で「大学の時は一塁がメインだったのでやりにくさはない。どちらもしっかり準備したい」と話した。

 第3クールに入り体力的にしんどさも増してくるが「体づくりをしっかりして、キャンプに入りたい」。筋トレが趣味で、東京六大学リーグで通算11本塁打を誇る「なかやまきんに君」が守備でもアピールする。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月18日のニュース