巨人・原監督 スタッフミーティングで号令「日本一を勝ち取るという大きな目標に向かって」

[ 2019年1月18日 20:30 ]

<巨人スタッフミーティング>スタッフミーティング後に取材を受ける原監督 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人は18日、都内ホテルでスタッフミーティングを開き、原監督が「我々の大きな役割、仕事は勝つこと。ファンに愛されること。一人一人が全力で立ち向かって行きましょう」と号令をかけた。コーチ陣やスタッフが一堂に会し、約4時間をかけて今季のチーム方針や、1、2、3軍の振り分けを話し合った。指揮官は「ペナントレース、日本一を勝ち取るという大きな目標に向かって進んでいきたい」と話した。

 打撃部門では、吉村打撃総合コーチが「ホームゲームで貯金をつくっていく」と掲げた。昨季は東京ドームで30勝33敗1分けの借金3。広島はマツダスタジアムで44勝24敗2分けの貯金は20という強さで3連覇を果たした。吉村コーチは「ホームゲームで貯金をつくれていないということは優勝に届くはずがない。対策を打つ」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月18日のニュース