日本ハム・清宮 19日がラストゲームのヤマハ発動機監督で父・克幸さんにエール「良い締めくくりを」

[ 2019年1月18日 20:26 ]

笑顔でマシン打撃を繰り返す清宮(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮が18日、2軍施設のある千葉・鎌ケ谷で今季限りでラグビートップリーグ(TL)ヤマハ発動機の監督を退任する父・克幸さん(51)の最後の戦いにエールを送った。

 19日の豊田自動織機とのTL杯11位決定戦(埼玉・熊谷)で采配を振るうのが最後。在任8年間で屈指の強豪に育て上げただけに、父の影響でラグビー経験もある清宮は「8年間(監督を)やっていたのでいろいろな思い出がある。最後に良い締めくくりをしてもらいたい」と感慨深げに話した。

 この日の清宮は室内練習場でマシン打撃やキャッチボールなど精力的に汗を流した。すでに2年連続のキャンプ1軍スタートが決定。寮では隣部屋の宮台がインフルエンザを発症しており「困りますね。けっこう一緒にいる時間が多かったので」と苦笑いを浮かべつつ「(のどを)乾燥させないように水を飲んでいます」と体調管理に余念がなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月18日のニュース