マー君3敗目 5年連続2桁勝利お預け「スプリットが全然」

[ 2018年8月12日 05:30 ]

ア・リーグ   ヤンキース7―12レンジャーズ ( 2018年8月10日    ニューヨーク )

<ヤンキース・レンジャーズ>5回0/3を6安打6失点で降板した田中(AP)
Photo By AP

 ヤンキースの田中は15試合ぶりの黒星となる3敗目を喫し、自身の連勝は7で止まった。「スプリットが全然コントロールできていなかった」と投球の組み立てに苦しみ、4回にベルトレと新人グスマンに被弾。1―5で迎えた6回、先頭のグスマンに2本目の一発を浴びて5回0/3を6安打6失点で降板した。

 被本塁打3は今季ワーストタイで、チームの連勝も4でストップ。防御率は3試合ぶりに4点台(4・08)へと悪化し「最近は粘ってこられていた中で、こういうふうになってしまったのが悔しい」。5年連続2桁勝利に王手をかけてから2試合足踏みとなったが「直球に関しては手応えを感じている」と言い切り、修正を期した。 (杉浦大介通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月12日のニュース