DeNA浜口 3回持たず ラミ監督就任後ワーストタイ借金11

[ 2018年8月12日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3―8阪神 ( 2018年8月11日    横浜 )

<D・神>2回、浜口はピンチを招き、汗をぬぐう(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 DeNA先発・浜口が4失点して2回2/3KO。チームは3連敗を喫した。2回、1点を先制されてなおも2死三塁で、8番・梅野に2ストライクからの3球目の直球を左翼席に運ばれた。

 次の打者は投手の小野で、四球で歩かせてもいい場面。ラミレス監督は「3球目を簡単に本塁打されたのは、とてもショッキングだ」と怒り心頭だ。借金11は指揮官の就任後ワーストタイとなった。浜口は「短いイニングで降板となり、申し訳ない」とうなだれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月12日のニュース