西武・山川 3戦連発31号 浅村23号トップ87打点

[ 2018年8月12日 05:30 ]

パ・リーグ   西武10―0楽天 ( 2018年8月11日    楽天生命パーク )

<楽・西>6回無死、山川が中越えに31号ソロを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・山川が6回にバックスクリーンへ特大の31号ソロ。兄貴分・中村の後を追う3戦連発に「打った瞬間いったと思った」と手応えを口にした。

 本塁打はリーグトップ独走だが、同僚・浅村との打点王争いはヒートアップ。浅村が23号3ランを含む4打点で「87」とし、山川を上回った。「(打点は)意識するけど浅村さんが前で(走者を)還してくれると楽になる」と山川が言えば、浅村も「最後まで継続して2人で頑張っていきたい」。連勝で貯金を22に伸ばした辻監督は「いい刺激になれば」と2人の相乗効果に期待した。

 ▼西武・ウルフ(7回無失点で4勝目)早い回から大量点をもらって、リラックスして投げられた。岡田がいいリードをしてくれた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月12日のニュース