ロッテ 二木 台湾代表初戦に先発「いい形で終われるようにしたい」

[ 2017年11月9日 20:26 ]

10日台湾代表戦に先発するロッテ・二木
Photo By スポニチ

 ロッテの二木康太投手が10日の台湾代表との親善試合初戦に先発する。

 9日に台湾入り。キャッチボールなどで汗を流し「井口監督が言っていた通り、3つ勝つのを大前提でやっている。そのために1戦目、しっかりいい形で次の投手につなげたい」と意気込み、「自分にとって今年最後の試合になると思う。いい形で終われるようにしたい」と誓いを立てた。

 相手打線には、2年連続で打率4割をマークしている「台湾の大王」ことラミゴの王柏融(ワンボーロン)が存在する。「4割打者がいるんですよね」と警戒しながらも「相手どうこうより、まず自分の課題。いい直球を投げたい」と話した。井口監督は「投手には抑えろと言っている。二木、(2戦目先発の)佐々木、(3戦目先発の)酒居。ロッテを背負っていく3人ですし、抑えてほしい」と期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月9日のニュース