楽天・藤平が剛腕フォーム研究「80%で150キロ」目指す

[ 2017年11月9日 05:30 ]

 楽天・藤平が日本ハム・大谷や大リーガーを参考に球速アップを図る。岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで行われている秋季キャンプ中にフォーム改造に着手するプランを持っており、球速の速い投手の動画を見て、フォームを研究する考えだ。

 「平均の球速が物足りない。80%の力で150キロを投げられるようになりたい。そうすれば、長い回も投げられる」とレベルアップを誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月9日のニュース