ハム大野FA権行使濃厚に 中日が獲得へ

[ 2017年11月9日 05:41 ]

 日本ハムの大野奨太捕手(30)が海外FA権を行使することが8日、濃厚となった。今季はチームが下位に沈み、若手を積極的に起用したことに加え、慢性的な右肘の痛みもあって83試合の出場にとどまった。10月に右肘のクリーニング手術を受け、現在は札幌でリハビリ中だ。

 球団と話し合いを重ね「愛着もあるし、恩義もある。それを踏まえてしっかり考えたい」と話していたが、出場機会を求めて決断に至ったもようだ。権利を行使すれば、中日が獲得に動くとみられる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月9日のニュース