雄星、桑原、銀次ら初受賞 鳥谷は三塁手で 三井ゴールデン・グラブ賞

[ 2017年11月9日 15:00 ]

西武の菊池雄星投手
Photo By スポニチ

 守備のベストナインに贈られる「第46回三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が9日、発表された。2年ぶりに日本シリーズを制覇したソフトバンクからは甲斐、松田、今宮、柳田4人が選出され、2年連続のリーグ優勝の広島からは菊池、丸、鈴木の3選手が選ばれた。19年ぶりに日本シリーズに出場したDeNAからはロペスと桑原が受賞。

 受賞者は以下の通り。

【パ・リーグ】
投手  菊池雄星(西武)初受賞
捕手  甲斐拓也(ソフトバンク)初受賞
一塁手 銀次(楽天)初受賞
二塁手 鈴木大地(ロッテ)初受賞
三塁手 松田宣浩(ソフトバンク)5年連続6回目
遊撃手 今宮健太(ソフトバンク)5年連続5回目
外野手 秋山翔吾(西武)3年連続4回目
    柳田悠岐(ソフトバンク)2年ぶり3回目
    西川遥輝(日本ハム)初受賞
【セ・リーグ】
投手  菅野智之(巨人)2年連続2回目
捕手  小林誠司(巨人)初受賞
一塁手 ロペス(DeNA)2年連続3回目
二塁手 菊池涼介(広島)5年連続5回目
三塁手 鳥谷敬(阪神)初受賞※遊撃手で過去4回受賞
遊撃手 坂本勇人(巨人)2年連続2回目
外野手 丸佳浩(広島)5年連続5回目
    鈴木誠也(広島)2年連続2回目
    桑原将志(DeNA)初受賞

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月9日のニュース