【球界の画伯】巨人ドラ1鍬原も木田氏、マエケンの仲間入り?

[ 2017年11月9日 05:51 ]

ジャビットを見ながら即興でボールに絵を描く鍬原
Photo By スポニチ

 巨人からドラフト1位指名を受けた中大・鍬原拓也投手が8日、岡崎郁スカウト部長らから指名あいさつを受けた。絵を描くことが特技の152キロ右腕は、プロでは先発で勝負する意向を示した。

【球界の画伯アラカルト】

 ☆木田優夫 球界屈指のイラスト名人で、13年にはプロ野球135人の似顔絵や絵日記を載せた「木田優夫のプロ野球選手迷鑑」を刊行。本紙でも現役時代に「キャンプ絵日記」を連載。現在も「木田画伯の球界絵日記」としてHPで月に1度掲載中。

 ☆前田健太 独創的なイラストが人気を博し、広島時代の15年には、お立ち台で自作のイラストTシャツを披露するのが恒例に。その腕前を見込まれ、ドジャース移籍後の16年2月にはテレビ朝日「アメトーーク!」の「絵心ない芸人」に参戦した。

 ☆由規 幼少期から絵や漫画を描くのが得意で自身を模したイラスト入りサインが有名。「人と違うのがいい」と自身で考えつき、当初は1枚につき約1分をかける丁寧ぶり。ネットオークションに出品される騒動も。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月9日のニュース