次期コミッショナーに斉藤惇氏就任へ 東証社長など歴任の財界人

[ 2017年11月9日 05:30 ]

斉藤惇氏
Photo By スポニチ

 プロ野球の次期コミッショナーに、米資産運用会社「コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)」日本法人会長の斉藤惇氏(78)が就任することが濃厚となった。今月27日のオーナー会議で正式決定する見込み。

 熊崎勝彦コミッショナー(75)は14年1月に就任。近く任期満了となるため、選考委員会によって後任人事の選定作業が進められてきた。斉藤氏は今年7月のオーナー会議でコミッショナー顧問に就任。経済畑を歩いてきたスペシャリストで、熊崎コミッショナーは「ビジネス的なアドバイスをいただく」と話していた。

 斉藤氏は熊本県出身。野村証券副社長、産業再生機構社長、東京証券取引所社長などを歴任してきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月9日のニュース