ヤクルト 真中監督「やることをしっかりやっていないということです」

[ 2017年8月1日 23:00 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―10巨人 ( 2017年8月1日    草薙 )

渋い表情の真中監督                                  
Photo By スポニチ

 初回に2点を先制したものの、終わってみれば2桁失点で敗れたヤクルト。対巨人戦は4連敗となった。

 試合後、真中監督は先発の原樹について「(原樹は)前回もそうですけどね。今日は特にイニングの先頭バッターの入り方がもったいないですね。先頭を簡単に歩かせているようだと、打線の援護とかの兼ね合いもありますけど、やっぱり勝てないですね。やることをしっかりやっていないということです」と苦言を呈した。

 日本ハムから移籍の屋宜は1軍初登板となったが「評価は難しいですね。また機会があれば、どこかで起用できればと思います」と述べるにとどまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月1日のニュース