【宮城】東陵エース佐藤瑞 2日間で計231球も…涙

[ 2017年8月1日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権宮城大会準決勝   東陵1―5仙台育英 ( 2017年7月31日    Koboパーク宮城 )

<東陵・仙台育英>仙台育英に敗れ涙を見せる東陵・佐藤瑞
Photo By スポニチ

 27年ぶりの決勝進出はならなかった。前日に15回168球を投げたエース右腕、東陵・佐藤瑞は先発したが2回2/3を3失点で降板。

 0―4の9回には「絶対に負けたくない」と志願して再登板したが、さらに1点を失い「最後までチームに迷惑を掛けてしまった」と涙を流した。2日間で231球を投げ抜いた右腕は「この負けを今後に生かしたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月1日のニュース