青木 バーランダ―から右前打 好相性「なぜかヒットになる」

[ 2017年8月1日 05:30 ]

ア・リーグ   アストロズ1―13タイガース ( 2017年7月30日    デトロイト )

<タイガース・アストロズ>4回、三塁へ向かう青木(AP)
Photo By AP

 アストロズ・青木が自身4試合ぶりの安打を放ち「ああいうところでの一本が自分の中でも大きい」と安どの表情を見せた。

 相手はメジャー屈指の本格派右腕バーランダーで過去23打数8安打と好相性。2回2死一、二塁から高めに浮いた変化球を右前に運び「いい投手だと思っているけどなぜかヒットになる」と笑顔で話した。4回にも四球を選び出塁したが、どちらも得点につながらずチームは大敗した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月1日のニュース