西武・十亀7回零封「ボクで連勝を止めるわけにはいかないので」

[ 2017年8月1日 21:38 ]

パ・リーグ   西武8―0楽天 ( 2017年8月1日    メットライフD )

<西・楽>10連勝し、お立ち台で10の文字を作る投打のヒーロー源田(左)と十亀
Photo By スポニチ

 楽天、ソフトバンクの上位2チームと直接対決する6連戦の大事な初戦。6年目の右腕・十亀が7回無失点と好投し、チームを快勝に導いた。9連勝で迎えた一戦。「この6連戦が大事なのでは承知していたし、ボクで連勝を止めるわけにはいかないので、いいプレシャーを感じて投げることができました」。

 初回こそ3者凡退に抑えたものの、2回以降は6回まで走者を背負う投球。それでも力のある速球にキレにいい変化球を織り交ぜ、楽天に得点を許さなず、終わってみれば散発3安打、三塁を踏ませない快投だった。

 「欲しい時に(点を)取ってくれたし、最後はたくさん取ってくれたので」と十亀が感謝したように打線も力強く援護。わずか6安打ながら相手ミスを逃さず、効果的に攻め8点を奪った。

 首位・楽天を下し、6年ぶりの10連勝。ホームでの連勝も15連勝した1992年以来25年ぶりに「10」まで伸びた。辻監督は「私らが(選手として)いたころですね。えらい、昔だな」と笑う。

 正念場となる6連戦の初戦で好スタートを切り、追撃ムードは高まるばかり。3回に先制打を叩き出したルーキー源田の「ライオンズってすごい強いな、と思いながら野球をやってます」の言葉が好調なチーム状況を物語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月1日のニュース