岩村明憲 引退試合は9月10日 プロ20年間の集大成へ

[ 2017年8月1日 18:30 ]

今季限りで引退する岩村
Photo By スポニチ

 BCリーグ・福島ホープスは1日、岩村明憲兼任監督(38)の引退試合を、9月10日の武蔵戦(ヨーク開成山・午後1時開始)で行うと発表した。岩村は4月に今季限りの現役引退を表明していた。

 前売りチケットは8月7日から、全国のファミリーマートと福島県内のセブンイレブンで販売される。同戦には岩村がスタメン出場を予定。プロ20年間の集大成に臨む。

 同時に福島は岩村引退記念グッズの発売を発表。限定のユニホームやTシャツ、赤バットなどで、記念グッズを身につけての当日の来場を呼び掛けている。また来場者全員に記念ポストカードが配布される。

 福島は東地区で前期は15勝17敗3分けで3位。後期は現在8勝7敗1分けの貯金1で3位につけている。岩村は今季ここまで6試合に出場し、6打数1安打の打率・167、1三振、2四球の成績を残している。

 ここまで球団代表、監督、選手と3足のわらじを履いてきたが「けじめをつけたい」と来季以降は監督業専任を明言している。バットマンとして最後の舞台、自慢のフルスイングで勝負する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月1日のニュース