オリ ロメロ12回劇的サヨナラ弾 ソフトBは奪首ならず

[ 2017年8月1日 23:14 ]

パ・リーグ   オリックス5―4ソフトバンク ( 2017年8月1日    京セラD )

<オ・ソ>12回裏1死、ロメロはサヨナラ本塁打を放ちベンチを指さす
Photo By スポニチ

 オリックスのロメロが同点の12回裏に19号サヨナラ本塁打を放って、チームを劇的なサヨナラ勝利へ導いた。

 4―1とリードして迎えた9回表に新守護神のドラフト2位ルーキー・黒木がソフトバンク打線につかまり3失点。土壇場で試合は振り出しに戻った。

 しかし、12回裏1死から4番のロメロがソフトバンク7番手・サファテから左中間へ劇的なサヨナラ弾。この日7打席目で5時間を超える熱戦に終止符を打った。

 一方のソフトバンクは今季5度目の5連勝とはならず。最終回に3点差を追いついて執念は見せたがサヨナラ負けを喫した。7番手サファテが2敗目。首位・楽天が敗れたが奪首とはならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月1日のニュース