ソフトB 上林 W祝福タイムリー 後輩は甲子園へ「差し入れしたかいがありました」

[ 2017年8月1日 19:46 ]

5回無死一塁、上林は左中間に適時三塁打を放つ
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの上林誠知外野手(22)がオリックス戦(京セラドーム)の5回にW祝福タイムリーを放った。2点を追う5回無死一塁の第2打席で、ディクソンのチェンジアップを捉え、中越えの適時三塁打を放った。

 上林はこの日が22歳の誕生日。第1打席でも左翼席ソフトバンク応援団から「バースデーソング」が奏でられる中、二塁内野安打を放った。

 うれしい出来事はそれだけではない。高校野球の宮城大会の決勝で母校・仙台育英が東北を破って、2年ぶり26度目の夏の甲子園出場を決めた。6月の仙台遠征で生クリーム大福を150個差し入れしたという上林は「差し入れしたかいがありました」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年8月1日のニュース