青木 出場5試合ぶり無安打 日米通算2000安打へ足踏み

[ 2017年6月11日 05:30 ]

ア・リーグ   アストロズ4―9エンゼルス ( 2017年6月9日    ヒューストン )

<アストロズ・エンゼルス>7回1死、中飛に倒れた青木
Photo By スポニチ

 アストロズ・青木は出場5試合ぶりの無安打に終わった。過去の対戦打率がポストシーズンも含め・071の右腕シューメーカーを打ちあぐんだ。

 1死満塁で迎えた2回に一ゴロで打点を挙げたが、全3打席で凡退。名球会の駒田徳広氏が観客席で見守ったが、日米通算2000安打へ足踏みとなった。敗戦にA・J・ヒンチ監督は「(投手陣が)相手から多くの重圧をかけられた」とした。18日までホームでまだ8試合続く。家族ら関係者の前での達成が待たれる。 (小林由加通信員)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月11日のニュース