中日ドラ1柳 プロ初勝利逃した 森監督「そうじゃないのが難しい」

[ 2017年6月11日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   中日3―5オリックス ( 2017年6月10日    京セラドーム )

<オ・中>8回1死、降板する柳(右から2人目)。初勝利はならなかった
Photo By スポニチ

 中日ドラフト1位の柳は1点リードの8回も続投したが、首脳陣の期待に応えられず、プロ初勝利を逃した。

 先頭の代打・西野に二塁打、マレーロの四球でピンチを招き、犠打で1死二、三塁となって降板。救援した伊藤が中島に右翼線へ逆転2点二塁打を浴びた。2敗目に「8回も行かせてもらったので、投げ切りたかった」と反省。森監督も先頭打者の出塁を振り返り「あそこをうまくいけばすんなりいくけど、そうじゃないのが難しい」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年6月11日のニュース