オリックス 山岡 好投実らず「勝つ確率が上がる投球をしていくだけ」

[ 2017年6月11日 19:25 ]

交流戦   オリックス0―4中日 ( 2017年6月11日    京セラD )

5回、先制点を許したオリックス・山岡
Photo By スポニチ

 オリックスは山岡が7回1失点と好投したが、打線が3安打に終わった。得点圏に走者を置きながら中日のバルデスのチェンジアップなどに苦しんだ。福良監督は「山岡が良かっただけに何とか勝たせてあげたかった。打たないことには」と貧打を嘆いた。

 山岡は5回1死二塁、「甘く入ってしまった」というスライダーを平田に右中間へ運ばれて先制点を許した。3勝目を逃したが最少失点にとどめ「勝つ確率が上がる投球をしていくだけ」と前向きだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年6月11日のニュース