甲子園 大歓声!阪神 岡崎 プロ13年目で初本塁打

[ 2017年6月3日 19:37 ]

交流戦   阪神―日本ハム ( 2017年6月3日    甲子園 )

4回1死三塁、プロ初本塁打の阪神・岡崎はナインに祝福される
Photo By スポニチ

 阪神のプロ13年目、33歳のベテラン捕手にプロ第1号が飛び出した。日本ハム戦の1点を追う4回。1死三塁で打席に入った岡崎が、追い込まれてから甘く入ったメンドーサの変化球を捉えた。

 浜風にも乗った打球は左翼スタンドに着弾するプロ初本塁打。長打のイメージすらないベテランの一発に、甲子園はいつもと違う大歓声に包まれた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月3日のニュース