ソフトB 14年ドラ1松本裕 プロ初勝利「やっとこの場に立てた」

[ 2017年6月3日 18:39 ]

交流戦   ソフトバンク7―3DeNA ( 2017年6月3日    横浜 )

<D・ソ2>ソフトバンク先発・松本裕
Photo By スポニチ

 2014年ドラフト1位のプロ3年目、松本裕樹(21)投手が交流戦初登板でプロ初勝利をマークした。

 5回2/3を投げ5安打3失点。初回から落ち着いた投球でアウトを重ね、5回までわずか1安打に抑えた。6回こそ4連打を浴び3失点したものの、4奪三振無四球、4回にはプロ初安打も放った。

 試合後はお立ち台で「やっとこの場に立てた。とてもうれしい」と笑顔。前回登板5月27日の日本ハム戦では勝利を目前で逃し「前回はふがいないピッチングだったが、取り返せてよかった」と安どの表情を浮かべた。

 松本は神奈川出身。幼少期からなじみのあるハマスタで喜びの瞬間を迎え「小さいころは野球見るといえばこの横浜スタジアム。この場所で勝てたことを本当にうれしく思う」と感無量。この日は両親も応援に駆け付け「これからどんどん勝っていってもっと活躍するのでこれからも応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。3年目にしてつかんだ初勝利。「これからずっと今年1年、1軍で投げ続けることを目標にどんどん勝っていきたい」と次戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月3日のニュース