中日 荒木 高卒ドラ1では史上4人目の2000安打達成

[ 2017年6月3日 15:31 ]

交流戦   中日―楽天 ( 2017年6月3日    ナゴヤD )

4回一死、荒木は右前打を放ち、2000安打を達成し、星野仙一楽天球団副会長から花束を受け取る
Photo By スポニチ

 中日の荒木雅博内野手(39)が3日の交流戦楽天戦(ナゴヤD)で安打を放ち、史上48人目となる2000本安打を達成した。中日では2015年の和田一浩以来6人目となる。

 荒木は97年5月31日のヤクルト戦でプロ初出場。初安打は6月11日の広島戦で、高橋健から安打を放っている。 過去、高卒のドラフト1位選手で2000安打を達成したのは清原和博(1985年・西武 通算2122安打)立浪和義(1987年・中日 通算2480安打)、谷繁元信(1988年・横浜 通算2108安打)の3人しかおらず、史上4人目となる。 

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年6月3日のニュース