西武 高橋朋が2軍戦で復帰登板でセーブ 阪神 藤浪は5回1失点

[ 2017年6月3日 19:07 ]

 プロ野球のファームは3日、交流戦を合わせて計6試合が行われた。西武―DeNA戦(西武第2)では、昨年7月に左肘のじん帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた西武・高橋朋が復帰登板。8―6と2点リードの9回のマウンドに上がり、1回を1安打2奪三振で無失点に抑えてセーブを挙げた。

 先頭・松尾に四球。続く関根の二塁打でピンチを背負ったが、山崎憲、エリアンを連続三振に仕留めた。手術から1年未満での早期復帰となった。

 阪神―中日戦(安芸)では不振で2軍調整中の阪神・藤浪が先発。5回を3安打1失点で5奪三振、1四球と制球面でも安定感を見せた。試合は9回に2点を奪った中日が3―2で逆転勝利。

 オリックス―広島戦(紀三井寺)はオリックスが4―0で勝利。横浜隼人から14年ドラフト2位で入団し、今季で3年目を迎えるオリックス・宗が5回に今季初アーチを放った。

 その他の試合は巨人4―0ロッテ、楽天3―3ヤクルト(延長11回)。ファーム交流戦はソフトバンク8―3日本ハム。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年6月3日のニュース