青木 スタメンで2打数無安打1四球 ダルから初安打ならず

[ 2017年6月3日 14:18 ]

ア・リーグ   アストロズ7―1レンジャーズ ( 2017年6月2日    アーリントン )

レンジャーズ戦に先発出場した青木 (AP)
Photo By AP

 アストロズの青木宣親外野手(35)は2日(日本時間3日)のレンジャーズ戦に「9番・左翼」で先発出場。2打数無安打1四球という成績で7回の守備からベンチに退いた。

 この試合の相手先発は通算で3打数無安打1三振と結果を残せていないダルビッシュ。日本人右腕からの初安打を狙ったが、3回の第1打席では左飛、5回の第2打席は二ゴロに倒れた。6回の第3打席は2番手・ジーから四球を選び、7回の守備からマリスニックと交代した。

 試合は7―1でアストロズが快勝。連勝を8にまで伸ばした。先発のカイケルは6回3安打無失点の好投で自身開幕9連勝。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月3日のニュース