阪神 岡崎 待ちに待った初本塁打も表情が…「わけわかんなかったんで すみません」

[ 2017年6月3日 21:50 ]

交流戦   阪神4―2日本ハム ( 2017年6月3日    甲子園 )

岡崎は同級生の高橋(左)とお立ち台にあがりガッツポーズ
Photo By スポニチ

 プロ初本塁打が逆転の2ランとなった阪神・岡崎が、7回の日本ハムの攻撃を3者三振に抑えた中継ぎの高橋とともにお立ち台によばれた。

 プロ入り13年目、待ちに待った一撃は「最高でした!」と岡崎。昨日2日の試合でスクイズを失敗しチームも逆転負けしたこともあり「絶対にやり返すんだという気持ちで打席に入った」。打った後の表情が変わらなかったことをインタビュアに指摘されると「わけわかんなかったんで…すみません」と苦笑。初のホームランボールは無事手元に戻ったということで「家族に渡したい」と満面の笑みだった。

 「下手くそなんで、失敗もするしエラーもすると思うんですけど、やられたら絶対やり返す気持ちで頑張って行きたいと思います」と地道にやってきたベテランらしい言葉に、甲子園のファンも温かい拍手を送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月3日のニュース