ソフトB 本塁打攻勢で連勝 柳田2発 松本裕がプロ初勝利

[ 2017年6月3日 17:11 ]

交流戦   ソフトバンク7―3DeNA ( 2017年6月3日    横浜 )

<D・ソ2>5回無死、左越えソロを放ったソフトバンク・柳田はナインに迎えられる
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが全得点を本塁打で奪い連勝した。

 首の負傷で出場選手登録を抹消された内川を欠くも、代わって移籍後初の4番に入ったデスパイネが初回1死一、二塁からリーグ単独トップに立つ16号3ランで先制。5回には柳田が10号ソロ、9回にも柳田に11号3ランが飛び出した。投げては先発の松本裕が交流戦初登板で5回途中5安打3失点。プロ初勝利を挙げた。

 DeNAは先発・平良が5回を投げ7安打4失点で相手に試合の主導権を握られてしまい、6回に梶谷、筒香の適時打で1点差まで追い上げたが、9回の3点弾で沈んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月3日のニュース