オリ 12球団唯一負けなし交流戦開幕4連勝 安達11回V1号

[ 2017年6月3日 05:30 ]

日本生命セ・パ交流戦   オリックス6―5巨人 ( 2017年6月2日    東京ドーム )

<巨・オ>延長11回1死、安達(右)が右越えにソロを放ち小谷野に迎えられる
Photo By スポニチ

 試合前まで打率1割台と不振だったオリックス・安達が決着をつけた。延長11回1死から右翼席最前列へ1号決勝ソロ。連勝は5に伸び、「疲れたけど、勝てたので良かった」と喜色満面だ。

 1―4の9回2死無走者から4連打で同点。安達はここでも1点差に迫るこの試合3本目の二塁打を放っており、4長打の大暴れだ。3番に置いた福良監督も「練習で良かったから」と目尻を下げた。交流戦の開幕4連勝は07年以来、10年ぶり。楽天が敗れたため、交流戦では12球団唯一の負けなしとなった。安達は昨季開幕前に大病を患い、今も体調と相談しながらの出場が続くが「明日も出るつもり」とやる気をみなぎらせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月3日のニュース