カ軍GM ナ・リーグDH制導入の「機運は高まっている」

[ 2016年1月19日 05:30 ]

 カージナルスのジョン・モゼリアクGMが、ファンフェスタでナ・リーグで未採用のDH制について「(導入への)機運は高まっている」と語ったと、複数の米メディアが報じた。

 2000年代に入ってからナ・リーグの球団のシーズン200本塁打以上は5度。12年にブルワーズが202本塁打した以降は、3季連続で200本塁打に未到達(ア・リーグは昨季4球団が到達)だ。投手が打席で故障する例もあり、導入を求める声もある。それでも17年からの導入には「少し早い」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月19日のニュース