「契約にはこだわらない」川崎、米でのプレー希望も去就明言せず

[ 2016年1月19日 16:50 ]

自主トレーニングで精力的に汗を流す川崎宗則内野手

 米大リーグのブルージェイズからフリーエージェント(FA)になった川崎宗則内野手が19日、福岡市内の室内練習場で自主トレーニングを公開した。オフに俊敏さを高める練習メニューを多くし、体重が昨季開幕時より5キロ少ない75キロになったそうで「自分の中では気持ちいい感じ」と好感触を口にした。

 2012年から米球界に挑戦し、毎年マイナー契約からメジャー契約をつかんでいる。ことしも米球界でのプレーを希望し「契約にはこだわらない」と話したが、具体的な去就については明言しなかった。

 ここまでの調整は順調で、この日はソフトバンクの福田秀平外野手らと約3時間、打撃練習などをこなした。複数のポジションを守れる34歳のユーティリティー選手は「守備でもっとこういうプレーを、というのもあるし、打撃も球を見極めないといけないし」と意欲が尽きない様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月19日のニュース