オリ安達 ジーター打法で打率アップを「ミスショットを減らしたい」

[ 2016年1月19日 05:30 ]

フォームを改造し、打撃力向上を目指す安達

 オリックス・安達が「ジーター打法」で打率アップを目指す。神戸市西区の合宿所「青濤館」で自主トレを公開。

 昨秋キャンプから、ヤンキースで活躍したデレク・ジーター氏のようにトップを深くに取り、バットをやや寝かせ気味に構えるフォームに変更し「よく似ていると言われるんですよ」。小さなステップから最短距離でボールを叩くのが狙い。「ミスショットを減らしたい」と昨季の打率・239からの改善に取り組む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月19日のニュース