鶴岡、正捕手奪取へ意欲 オフは工藤監督著書読破

[ 2016年1月19日 15:06 ]

 ソフトバンクの鶴岡が19日、沖縄県宮古島市で自主トレーニングを公開し、正捕手奪取へ意欲をのぞかせた。昨季は右手親指の骨折や配球での課題もあり、56試合出場にとどまっただけに「2年連続日本一のチームでレギュラーを取れたら名誉。体は充実している」と語った。

 オフに工藤監督の著書6、7冊を読破し、あらためて指揮官の考え方を確認。「捕手として守りが一番」と盗塁阻止率の向上を誓った。今季初めてフリー打撃も行い「今季は自分自身で楽しみ」とキャンプを待ち切れない様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月19日のニュース