由伸監督が大相撲初観戦「立ち合いや間合いは参考になる」

[ 2016年1月19日 19:10 ]

大相撲初場所を観戦に訪れた巨人の高橋監督

 巨人の高橋監督が19日、東京・両国国技館で大相撲初場所10日目を観戦した。初めて見た横綱、大関らの取組に「迫力がすごい。立ち合いや間合いは参考になる」と圧倒された様子だった。

 観戦は錦戸親方(元関脇水戸泉)の招待で実現。現役時代の2009年に腰を手術した後、共通の知人を介して知り合い、体幹を鍛えるために四股を教えてもらったという。「野球は9人で戦うが、投手と打者は1人で戦わないといけない。相撲に通ずるものがある」と刺激を受けていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年1月19日のニュース