伯和ビクトリーズ初4強!機動力で好投手・榎田を攻略

[ 2015年11月8日 05:30 ]

スポニチ後援第41回社会人野球日本選手権第9日・準々決勝 伯和ビクトリーズ6―0日本新薬

(11月7日 京セラドーム)
 伯和ビクトリーズは好投手・榎田を機動力で攻略し、初の4強進出を決めた。

 「走者が出れば足でかき回す。これが基本」。東賢孝監督のシナリオ通り、2回1死二塁からエンドランを仕掛け、伊藤が「嫌というほど練習してきましたから」と左前に先制適時打。5回の加点もエンドランだった。このほか盗塁あり、セーフティースクイズあり。榎田から奪った9安打は全て単打だったが、効率良く6点を奪った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月8日のニュース