侍J大谷 いきなり初回161キロ 札幌Dにどよめき

[ 2015年11月8日 19:23 ]

<日本・韓国>161キロをマークした日本先発・大谷
Photo By スポニチ

プレミア12予選ラウンドB組 日本―韓国

(11月8日 札幌D)
 侍ジャパンの先発・大谷翔平投手(21=日本ハム)が国際大会「プレミア12」の開幕・韓国戦の初回、自己最速にあと1キロに迫る161キロをマークした。

 2死から3番のキム・ヒョンス(斗山)に投じた2球目は低めに外れたものの、161キロをマーク。これまでの自己最速は14年7月19日のオールスター第2戦(甲子園)と同年10月5日の楽天戦(札幌D)でマークしたプロ野球記録となる162キロ。あと1キロに迫る剛球に札幌ドームの客席がどよめいた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月8日のニュース