日本新薬・榎田 5回4失点「僕の力不足」 打球直撃影響か

[ 2015年11月8日 05:30 ]

スポニチ後援第41回社会人野球日本選手権第9日・準々決勝 日本新薬0―6伯和ビクトリーズ

(11月7日 京セラドーム)
 3試合連続で先発した日本新薬のエース・榎田が打ち崩された。9安打を浴び、5回4失点で無念の降板。

 8回1失点と好投した2回戦から中1日で、同戦では左すねに打球が直撃した。兄が阪神でプレーする左腕は「足は少しは痛みましたが、投球に問題はなかった。言い訳なしに、僕の力不足です」と唇をかんだ。チーム史上初の4強入りを逃した岩橋良知監督は「このメンバーで歴史を変えたかっただけに、残念です」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月8日のニュース