梨田監督 初の紅白戦でダメ出し「絞り球とか工夫が欲しかった」

[ 2015年11月8日 05:30 ]

紅白戦で初采配をふるった梨田監督

楽天紅白戦 紅組2―1白組

(11月7日 倉敷マスカットスタジアム)
 楽天は倉敷秋季キャンプで初の紅白戦を実施。実戦初采配となった梨田新監督は、紅組が4回無死満塁から得点できなかったことに触れ「ここで1本出れば大量点になるところで点が入らない。絞り球とか工夫が欲しかった」と打線に駄目出し。

 試合中はグラウンドを歩き回りながら見ていたが、バッテリーの配球など細かく記憶。「選手たちにもそういった記憶力が必要、自分に似た打者への攻め方など予備知識を持って臨まないと」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月8日のニュース